地域福祉計画

地域共生社会実現のため、社会福祉法が改正された(2017年6月2日公布)ことを受け、今後の地域福祉計画は、複合化した課題を抱える個人や世帯に対する支援や「制度の狭間」の問題など、既存の制度による解決が困難な課題の解決を図るため、地域住民による支え合いと公的支援が連動した包括的な支援体制の構築を目指します。厚生労働省は、①地域課題の解決力の強化、②地域丸ごとのつながりの強化、③地域を基盤とする包括的支援の強化、④専門人材の機能強化・最大活用、という4つの柱を掲げています。

01 地域共生社会の実現に向けた計画策定を支援

①地域住民に対する実態調査を実施し、福祉意識、地域ごとの生活課題、地域格差を把握します。

②弊社が主導するワークショップの開催により、地域ごとの生活課題を共有し、課題を抱える地域住民または世帯を支え合う仕組みづくりの検討を行います。

③シンポジウム、講演会等の実施により、地域福祉の啓発、福祉意識の高揚につなげます。

④地域福祉カルテを作成し、地域の社会資源、避難場所、セーフティネットなどを掲載します。

⑤ワークショップや策定委員会等の検討結果を反映し、地域住民にとってわかりやすい計画書を作成します。

⑥計画書・概要版は、ユニバーサルデザインフォント、ユニバーサルデザインカラーを使用し、要望があればSPコード(オプション)にも対応します。

商品説明・特徴

問合せ

アンケート調査業務/計画策定 ラインアップ

商品情報

Product Information

☎052-891-2588 E-mail:assist@hc-net.co.jp

☎052-891-2588 E-mail:assist@hc-net.co.jp