• トップ
  • 商品情報
  • 企業情報
  • リンク
  • リクルート
  • 問い合わせ

■ 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査 

  介護予防・日常生活圏域ニーズ調査は、高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画の策定に伴って必要な基礎資料を収集するためのものです。その調査結果は、要介護状態になる各種リスクの把握や、リスクに影響を与える日常生活状況や地域ケアシステム構築のための課題を把握するために活用します。

商品説明・特徴など

①厚生労働省が提示した「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査の手引き」に示された必須設問をはじめ、基本チェツクリストや市町村独自設問を取りまとめた調査票を作成します。

②調査結果データの処理にあたっては、入力データから元気高齢者、一般高齢者(旧一次予防事業対象者)、介護予防事業対象者(旧二次予防事業対象者)、生活支援サービス候補者や認知機能レベルⅠ以上対象者の5つの高齢者像を個人単位で判定し、それぞれの分析に必要な集計表等を作成します。

③介護予防事業対象者の判定処理は、運動器機能低下・転倒リスク、閉じこもり傾向リスク、口腔機能低下リスク、低栄養状態リスク、認知機能低やIADL低下リスクの把握、うつ傾向リスクを個人単位で判定します。

④市町村において実施すべき生活支援サービスが検討できるよう、想定される生活支援サービスを個人単位で判定します。

⑤市町村が地域包括ケア「見える化」システムの活用を図るため、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果を本システムに移行できるデータを作成します。

⑥調査結果データは、日常生活圏域別に単純クロス集計表や設問間集計表を作成するとともに、5つの高齢者像ごとの出現率から現状と2025年のそれぞれの該当者の推計人数を算出します。

⑦調査結果データから「高齢者台帳」が作成できるため、毎年または数年ごとに同対象者調査を実施することで、個人単位の詳細な経年変化まで把握することができます。

⑧調査結果データから市全体と日常生活圏域別の課題や地域特性を抽出し、課題解決に向けた地域包括ケアシステムに関する施策等の提案を行います。それらの分析結果を取りまとめた「調査結果報告書」として作成します。
⑨市町村の要望に応じ、調査結果報告書から要点を抜粋した「調査結果概要版」を作成することができます。(オプション)

  • 介護予防
  • 介護予防把握事業(基本チェックリスト)
  • 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査
  • 介護予防教室の企画・運営
  • 生活支援サービスの候補者(対象者)を適正に判定するためのニーズ調査
  • 介護予防を推進するためのツール「介護予防手帳」「介護支援ボランティア手帳」
  • アシストスマイルライフシステム
  • 国の「介護予防手帳」
  • 健康増進・疾病予防
  • アンケート調査業務
  • ソフト開発・販売(運用サービス)