風しんクーポン券発行等の受託サービス

風しんクーポン券発行等の受託サービス

近年、風しん患者数の報告が増加傾向にあり、昨年には関東圏を中心に流行の兆しが見られます。風しん患者は主に30歳代から50歳代の男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性)となっており、制度の変遷の影響から公的な予防接種を受ける機会がなかった世代でした。抗体保有率を見ても、女性や他世代の男性(乳幼児を除く。)が約90%であるのに対し、対象世代の男性は約80%と低くなっています。 このような状況を受けて、厚生労働省は風しんの追加的対策を実施する旨の通達を各自治体に向けて出しました。この追加的対策とは、抗体保有率を2021年度末までに90%以上に引き上げることを目的とし、対象世代の男性を風しんに係る定期接種の対象者として、抗体検査及び予防接種を無料で実施するものです。

01 風しんに関する追加的対策

【対象】 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

【目標】
①2020年7月までに、対象世代の男性の抗体保有率を85%以上に引き上げる。
②2021年度末までに、対象世代の男性の抗体保有率を90%以上に引き上げる。

 

【ポイント】
①予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施。
②ワクチンの効果的な活用のため、まずは抗体検査を受けて頂くこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施。
③事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備。

商品説明・特徴

02 風しんクーポン券及び関連印刷物の様式

問合せ

特定検診/がん検診等 ラインアップ

商品情報

Product Information

☎052-891-2588 E-mail:assist@hc-net.co.jp

☎052-891-2588 E-mail:assist@hc-net.co.jp